2018/03/29

"これからのふだん"に必要なスーパ―アルゾってどんなところなの?

「ふだんの暮らしに必要なものが低価格でアルゾ!」「栄養たっぷりの旬のものがアルゾ!」「手間をかけずにカンタンに料理できるものがアルゾ!」。アルゾに込められた想いです。特別な日ではなく、ふだんに必要な商品を。ということで今回は、アルゾの3つの特徴を知って下さい。

特売セールをしないことが、低価格のヒミツ!?

働く女性が増えています。これまで毎日買い物に行くことができていた人が、そうではなくなっています。そこでアルゾはまず、“特売”をしないことにしました。なぜでしょう? たとえば特売日があると、その日にお買い物をしないとトクできませんよね。でも忙しく働く人たちはスーパーの都合になんて合わせていられません。だからこそアルゾは、日にちが決められた特売ではなく、毎日が低価格の“エブリデイロープライス”。特売日をつくることでかかる店内装飾や人件費などのコストを抑え、その分を商品の安さで還元します。ひと品だけの特売品にまどわされることなく、本当にトクができる“バスケットプライス”(お会計時にお支払いただく金額)でアルゾは勝負します。

大きなカートでまとめ買い。もう買い物は週2でOK!

忙しく働く人たちは、毎日買い物に来ることができません。その点アルゾだと、週に2回来ていただくだけでいい。大きなカートでまとめ買いをしていただくことをおすすめしているからです。そのため店内も、大きなカートがゆったりと動けるように広く設計されています。もちろん買った商品はカートに入れたまま駐車場へ。お買い物にかかるストレスをできるだけ生まないように工夫しています。

買い物を時短、料理を時短。みんな、もっとラクしていい。

もうひとつの特徴は、徹底した“時短”のすすめ。そのための工夫として、あえて品ぞろえを少なくおさえています。これは、お客様が商品を選ぶ手間を省いていただくために、バイヤーがお客様に代わって、本当に良い商品だけを厳選して入荷しているから。買い物時間の時短になるんです。
そしてもうひとつが、料理自体を時短するアイデア商品たち。たとえば冷凍食品。これだけ冷凍食品が豊富な売り場はめずらしいと思います。しかも冷凍技術の進化で、しっかりと栄養を閉じ込めたものばかり。いまや冷凍食品は、栄養をずっととじ込めておけるため、“生より新鮮”と言われるほどに進化しているのです。他にも、焼くだけ、炒めるだけのアレンジ商品やお惣菜など、時短クッキングをサポートする商品がいっぱいです。
 
ぜひ一度、アルゾでお買い物体験をしてみてください。あなたの“これからのふだん”に、役立てるかもしれません。

  • Facebook
  • Twitter
TOP